FC2ブログ

    竹林精舎 りんどう

    京都府長岡京市にある小規模多機能型居宅介護事業所「りんどう」の案内サイトです。

    Copyright © 2018 竹林精舎 りんどう, All rights reserved.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



重要事項説明書

小規模多機能型居宅介護事業所 りんどう 重要事項説明書

当事業所は介護保険の指定を受けています。
(長岡京市指定  事業所番号2693000032)

当事業所は利用者に対して指定小規模多機能型居宅介護サービスを提供します。事業所の概要や提供されるサービスの内容、契約上ご注意いただきたいことを次のとおり説明します。

※当サービスの利用は、原則として要介護認定の結果「要支援」または「要介護」と認定された方が対象となります。

1.事業者
(1) 法人名        特定非営利活動法人 竹林精舎
(2) 法人所在地      京都府向日市寺戸町中垣内27番地
(3) 電話番号       075-921-0343
(4) 代表者氏名      理事長  栗田 利彦 
(5) 設立月日       平成19年 1月29日

2. 事業所の概要
(1) 事業所の種類 指定小規模多機能型居宅介護事業所
平成19年 4月 1日指定 長岡京市2693000032号
(2) 事業所の目的  住み慣れた地域で生活するために、介護保険法令に従い利用者が自宅で可能な限り暮らし続けられるような生活の支援を目的として、通いサービス、訪問サービス、宿泊サービスを柔軟に組み合わせてサービスを提供します。
(3) 事業所の名称   小規模多機能型居宅介護事業所 りんどう
(4) 事業所の所在地  京都府長岡京市久貝2丁目15番17号
(5) 電話番号・FAX      075-953-7113
(6) 事業所長(管理者)氏名    佐野 砂生
(7) 当事業所の運営方針
利用者一人ひとりの人格を尊重し、住み慣れた地域での生活を継続することが出来るよう、地域住民との交流や地域活動への参加を図りつつ、利用者の心身の状況、希望およびその置かれている環境を踏まえて、通いサービス、訪問サービスおよび宿泊サービスを柔軟に組み合わせることにより、地域での暮らしを支援します。
(8) 開設年月日    平成19年 4月 1日
(9) 登録定員      18名(通いサービス定員9人、宿泊サービス定員3人)
(10)居室等の概要  当事業所では、以下の居室・設備をご用意しています。

宿泊室 (3室 すべて個室)、居間、食堂、台所、浴室、消防設備(消火器、誘導灯)

※上記は、厚生労働省が定める基準により、指定小規模多機能型居宅介護事業所に必置が義務付けられている施設・設備です。

3. 事業実施地域および営業時間
(1)通常の事業の実施地域    京都府長岡京市
  ※上記以外の地域の方は原則として当事業所のサービスを利用できません。

(2)営業日および営業時間
営業日 年中無休
・通いサービス 月~日 10 時 ~ 16 時 
・訪問サービス 随時
・宿泊サービス 月~日 16 時 ~ 翌日10 時
※受付・相談については、通いサービスの営業時間と同様です。

4. 職員の配置状況
当事業所では、利用者に対して指定小規模多機能型居宅介護サービスを提供する職員として、以下の職種の職員を配置しています。
<主な職員の配置状況>※職員の配置については、指定基準を遵守しています。

・事業所長 (管理者) 1名
・介護支援専門員   1名(兼務含む)
・介護職員 6名(兼務含む)
・看護職員 2名(介護業務も兼務)
                  (平成22年8月1日現在)
ア 日中における職員の配置数
・通いサービスの利用者数が3名またはその端数を増すごとに1名以上
・訪問サービスとして1名以上
イ 夜間および深夜の時間帯(宿泊サービスを受けている利用者がいる日のみ)
・1名以上

<主な職種の勤務体制>
・管理者       勤務時間  8:30 ~ 17:00  業務内容調整
・介護支援専門員   勤務時間  8:30 ~ 17:00  サービスの調整・相談業務
・介護職員    主な勤務時間  8:00 ~ 18:00(内7.5時間)
         夜勤勤務時間  18:00 ~  8:00 日常生活の介護・相談業務
・看護職員 勤務時間 8:30 ~ 17:00 健康チェック等の医務業務


5. 当事業所が提供するサービスと利用料金
当事業所では、利用者に対して以下のサービスを提供します。

(1)介護保険の給付の対象となるサービス(契約書第4条参照)
以下のサービスについては、利用料金の9割が介護保険から給付され、利用者の自己負担は費用全体の1割の金額となります。ア~ウのサービスを具体的にそれぞれどのような頻度、内容で行うかについては、ご契約者と協議の上、小規模多機能型居宅介護計画書に定めます((5)参照)。

<サービスの概要> 

ア 通いサービス
事業所のサービス拠点において、食事や入浴、排泄等の日常生活上の世話や機能訓練を提供します。
①食事
・食事の提供および食事の介助をします。
・調理場で利用者が調理することができます。
・食事サービスの利用は任意です。
②入浴
・入浴または清拭を行います。
・衣類の着脱、身体の清拭、洗髪、洗身の介助を行います。
・入浴サービスの利用は任意です。
③排泄
・利用者の状況に応じて適切な排泄の介助を行うとともに、排泄の自立についても適切な援助を行います。
④機能訓練
・利用者の状況に適した機能訓練を行い、身体機能の低下を防止するよう努めます。
⑤健康チェック
・血圧測定等利用者の全身状態の把握を行います。
⑥送迎サービス
・利用者の希望により、ご自宅と事業所間の送迎サービスを行います。

イ 訪問サービス
・利用者の自宅にお伺いし、食事や入浴、排泄等の日常生活上の世話や機能訓練を提供します。
・訪問サービス実施のための必要な備品等(水道・ガス、電気を含む)は無償で使用させていただきます。
・訪問サービスの提供にあたって、次に該当する行為はいたしません。
①医療行為
②利用者もしくはその家族等からの金銭または高価な物品の授受
③飲酒および利用者もしくはその家族等の同意なしに行う喫煙
④利用者もしくはその家族等に対して行う宗教活動、政治活動、営利活動
⑤その他契約者もしくはその家族等に行う迷惑行為

ウ 宿泊サービス
・事業所に宿泊していただき、食事、入浴、排泄等の日常生活上の世話や機能訓練を提供します。


<サービス利用料金>(契約書第5条参照)

ア 通い・訪問・宿泊(介護費用分)すべてを含んだ一月単位の包括費用の額

利用料金は1か月ごとの包括費用(定額)です(地域単価10.28円を含む)。下記の利用料金表は、利用者の要介護度に応じたサービス利用金から介護保険給付額を除いた金額(自己負担額)です。サービス利用料金は、利用者の介護度に応じて異なります。

要支援1 要支援2 要介護1 要介護2 要介護3 要介護4 要介護5
4,766円 8,527円 12,192円 17,413円 24,839円 27,124円 31,113円

・月ごとの包括料金ですので、利用者の体調不良や状態の変化等により小規模多機能居宅介護計画に定めた期日よりも利用が少なかった場合、または多くなった場合であっても、日割りでの割引または増額はいたしません。
・月途中から登録した場合または月途中から登録を終了した場合には、登録した期間に応じて日割りした料金をお支払いいただきます。なお、この場合の「登録日」および「登録終了日」とは、以下の日を指します。
登録日・・・利用者が当事業所と利用契約を結んだ日ではなく、通い、訪問、宿泊のいずれかのサービスを実際に利用開始した日
登録終了日・・・利用者と当事業者の利用契約を終了した日
・利用者がまだ要介護認定を受けていない場合には、サービス利用料金の全額をいったんお支払いいただきます。要介護の認定を受けた後、自己負担額を除く金額が介護保険から支払われます(償還払い)。償還払いとなる場合、利用者が保険給付の申請を行うために必要となる事項を記載した「サービス提供証明書」を交付します。
・介護保険からの給付額に変更があった場合、変更された額に合わせて、利用者の負担額を変更します。

イ 加算項目

(A) 初期加算
小規模多機能型居宅介護事業所に登録した日から起算して30日以内の期間については、初期加算として下記のとおり加算分の自己負担が必要となります。30日を超える入院をされた後に再び利用を開始した場合も同様です。

初期加算の自己負担額 31円(1日あたり)
  
(B) 認知症加算  ※該当の場合、次のいずれか一つのみ算定します。
(1)認知症加算(Ⅰ)・・・直近の主治医意見書で「高齢者認知症の日常生活自立度」がⅢ以上の登録利用者が対象になります。
(2)認知症加算(Ⅱ)・・・要介護度2に該当し、直近の主治医意見書で「認知症高齢者の日常生活自立度」がⅡの登録利用者が対象になります。

認知症加算(Ⅰ)の自己負担額 823円(1か月あたり)
認知症加算(Ⅱ)の自己負担額 514円(1か月あたり)
 
(C) 看護職員配置加算 
該当時は次のいずれか一つのみ算定します。(平成22年8月1日現在、当事業所は該当しません。)

(1)看護職員配置加算(Ⅰ)・・・常勤かつ専従の看護師を1名以上配置している事業所が対象になります。
(2)看護職員配置加算(Ⅱ)・・・常勤かつ専従の准看護師を1名以上配置している事業所対象になります。

看護職配置加算(Ⅰ)の自己負担額 926円(1か月あたり)
看護職配置加算(Ⅱ)の自己負担額 720円(1か月あたり)

(D) サービス提供体制強化加算 
該当時は次のいずれか一つのみ算定します。(平成22年8月1日現在、当事業所は該当しません。)

(1)サービス提供体制強化加算(Ⅰ)・・・職員研修を計画・実施しており、介護福祉士が40%以上配置されている事業所が対象になります。
(2)サービス提供体制強化加算(Ⅱ)・・・職員研修を計画・実施しており、常勤職員が60%以上配置されている事業所が対象になります。
(3)サービス提供体制強化加算(Ⅲ)・・・職員研修を計画・実施しており、3年以上勤続している職員が30%以上配置されている事業所が対象になります。

サービス提供体制強化加算(Ⅰ)の自己負担額 514円(1か月あたり)
サービス提供体制強化加算(Ⅱ)の自己負担額 360円(1か月あたり)
サービス提供体制強化加算(Ⅲ)の自己負担額 360円(1か月あたり)

(2)介護保険の給付対象とならないサービス(契約書第5条参照)
以下のサービスは、利用料金の全額が利用者の負担となります。

<サービスの概要と利用料金> 
ア 食事代
利用者に提供する食事に要する費用です。
朝食300円   昼食:650円   夕食:650円
イ 宿泊代
利用者に提供する宿泊サービスに要する費用です。
一泊    4,000円
ウ おむつ代
利用者に使用したおむつに要する費用です。
尿パット 40円/枚 パンツ式 200円/枚
布おむつ 40円/枚 テーナ 250円/枚
紙おむつ 80円/枚 テークケア250円/枚
カバー  70円/枚  
エ 教養娯楽費・日用品代
実費。行事やレクリエーションの材料費、外出時の拝観料等、利用者の使用される個人用の日用品(歯ブラシ、化粧品)です。

(3)利用料金のお支払い方法(契約書第5条参照)
(ア)毎月中旬に、前月分の請求書を発行しますので、その月の末日までにお支払いください。お支払いいただきますと利用料領収書に領収印を押印し領収書とさせていただきます。 
(イ)お支払い方法は、現金または銀行振込です。銀行振込の場合は利用者ご本人のお名前でお願いいたします。
【銀行振込の場合】
みずほ銀行 長岡天神支店 普通預金 No. 1770921 
名義) 特定非営利活動法人 竹林精舎  
  
(4)利用の中止、変更、追加(契約書第6条参照)
・小規模多機能型居宅介護サービスは、小規模多機能型居宅介護計画に定められた内容を基本としつつ、契約者の日々の様態、希望等を勘案し、適時適切に通いサービス、訪問サービスまたは宿泊サービスを組み合わせて介護を提供するものです。
・利用予定日の前に、利用者の都合により、小規模多機能型居宅介護サービスの利用を中止または変更、もしくは新たなサービスの利用を追加することができます。この場合には原則としてサービスの実施日の前日までに事業者に申し出てください。
・5.(1)の介護保険の対象となるサービスについては、利用料金は1ヵ月ごとの包括費用のため、サービスの利用回数等を変更された場合も1ヵ月の利用料は変更されません。ただし、5.(2)の介護保険の対象外のサービスについては、利用予定日の前日までに申し出がなく、当日になって利用の中止の申し出をされた場合は全額負担をお支払いいただく場合があります。ただし、利用者の体調不良等正当な事由がある場合は、この限りではありません。
・サービス利用の変更・追加の申し出に対して、事業所の稼働状況により利用者の希望する日時にサービスの提供できない場合、他の利用可能日時を利用者に提示して協議します。

(5)小規模多機能型居宅介護計画について
小規模多機能居宅介護サービスは、利用者一人ひとりの人格を尊重し、住み慣れた地域での生活を継続することができるよう、地域住民との交流や地域活動へ参加を図りつつ、利用者の心身の状況、希望およびその置かれている環境を踏まえて、通いサービス、訪問サービスおよび宿泊サービスを柔軟に組み合わせることにより、地域での暮らしを支援するものです。事業者は、利用者の状況に合わせて適切にサービスを提供するために、利用者と協議の上で小規模多機能型居宅介護計画を定め、またその実施状況を評価します。計画の内容および評価結果等は書面に記載して利用者に説明の上交付します。

6. 苦情の受付について(契約書第18条参照)
(1)当事業所における苦情の受付
当事業所における苦情やご相談は以下の専門窓口で受け付けます。
(ア)苦情受付窓口   小規模多機能型居宅介護事業所 りんどう
(イ)電話番号・FAX   075-953-7113
(ウ)受付担当者    事業所職員全員
(エ)苦情解決責任者  管理者 佐野 砂生
(2)行政その他苦情受付機関
・長岡京市役所 075-951-2121
・乙訓保健所   075-933-1151
・京都府庁   075-451-8111
・京都府国民保険団体連合会 075-315-1020
・京都府社協・福祉サービス運営適正委員会  075-252-2152

7. 運営推進会議の設置
当事業所では、小規模多機能型居宅介護の提供にあたり、サービスの提供状況について定期的に報告するとともに、その内容等についての評価、要望、助言を受けるため、下記のとおり運営推進会議を設置しています。
・利用者の家族の代表者
・地域住民の代表者(民生委員)
・市町村職員(長岡京市高齢介護課職員)
・その他(老人保健施設アゼリアガーデン)

8. 協力医療機関、バックアップ施設
当事業所では、各利用者の主治医との連携を基本としつつ、病状の急変等に備えて以下の医療機関を協力医療機関として連携体制を整備しています。

済生会京都府病院  京都府長岡京市今里南平尾8番地     075-955-0111
長岡病院      京都府長岡京市友岡4丁目18番1号     075-951-9201
いなぶ歯科医院   京都府長岡京市久貝2丁目15番17号      075-954-0240
老人保健施設アゼリアガーデン 京都府長岡京市友岡4丁目114番地 075-957-1112

9. 非常火災時の対応
当事業所では、管理者のもと、非常災害に関する具体的計画を立て、非常災害時の関係機関への通報および連携体制を整備し、それらを定期的に職員に周知するとともに、定期的に避難、救出その他必要な訓練を行います。
非常災害設備:誘導灯、非常灯、消火器

10. 事故発生時の対応
当事業所は、利用者に対するサービスの提供により事故が発生した場合は、市町村、当該利用者の家族等に連絡を行うとともに、必要な措置を講じます。なお、当事業所の責により賠償すべき事故が発生した場合は、速やかに損害賠償を行います。

11. サービス利用にあたっての留意事項
・ サービス利用の際には、介護保険被保険者証を提示してください。
・ 事業所内での喫煙は、禁止します。火気の取扱いは、禁止します。
・ 電気器具使用時は、あらかじめ申し出てください。
・ 金銭・貴重品の管理は、利用者が行います。
・ 利用者の「営利行為、宗教の勧誘、特定の政治活動」は、禁止します。
・ 他利用者への迷惑行為は禁止します。


平成    年    月    日

指定小規模多機能型居宅介護サービスの提供の開始に際し、本書面に基づき重要事項および別紙添付の個人情報保護方針についての説明を行いました。
小規模多機能型居宅介護事業所 りんどう
説明者職名              氏名                   ㊞


私は、本書面に基づいて事業者から重要事項および個人情報保護方針の説明を受け、指定小規模多機能型居宅介護サービスの提供開始に同意しました。
利用者住所          
                 

                      氏名                   ㊞


※ この重要事項説明書は、厚生労働省令第34号(平成18年3月14日)第88条により準用する第9条の規定に基づき、利用申込者またはその家族への重要事項説明のために作成したものです。

スポンサーサイト



FC2Ad

+ 管理者ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。