竹林精舎 りんどう

    京都府長岡京市にある小規模多機能型居宅介護事業所「りんどう」の案内サイトです。

    Copyright © 2018 竹林精舎 りんどう, All rights reserved.

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



運営規程

小規模多機能型居宅介護事業所「りんどう」運営規程


(運営規程設置の主旨)
第1条 特定非営利活動法人竹林精舎が運営する小規模多機能型居宅介護事業所「りんどう」(以下「当事業所」という。)の適正な運営を確保するために、人員および管理運営に関する事項を定める。

(事業の目的)
第2条 当事業所は、要介護状態(介護予防にあっては要支援状態)と認定された利用者(以下「利用者」という。)に対し、介護保険法令の趣旨に従って、小規模多機能型居宅介護(介護予防にあっては介護予防小規模多機能型居宅介護、以下同じ。)計画を立て実施し、利用者の心身機能の維持回復を図ることを目的とする。

(運営の方針)
第3条 当事業所では、小規模多機能型居宅介護計画に基づいて、通所サービス、訪問サービスおよび宿泊サービスを柔軟に組み合わせ、利用者が可能な限りその居宅において、自立した日常生活を営むことができるよう援助する。
2 当事業所では、そのサービスの提供にあたり、利用者の健康管理を適切に行うため、主治医との密接な連携に努めるとともに、居宅サービス事業者その他保健医療サービスまたは福祉サービスを提供する者との密接な連携に努める。
3 当事業所では、その運営にあたり、地域住民またはその自発的な活動等との連携および協力を行うなど、地域との交流を図る。
4 当事業所では、そのサービスの提供にあたり、利用者または他の利用者等の生命または身体を保護するための緊急やむを得ない場合を除き、身体的拘束その他利用者の行動を制限する行為を行わない。
5 当事業所では、そのサービス提供にあたり、懇切丁寧を旨とし、利用者またはその家族に対して、介護上必要な事項について理解しやすいように指導または説明を行うとともに、同意を得て実施するよう努める。
6 当事業所が得た利用者の個人情報は、個人情報保護法および厚生労働省のガイドラインに則り、適切に保護する。個人情報保護にかかる詳細事項は、別途定める。

(事業所の名称および所在地等)
第4条 当事業所の名称所在地等は次のとおりとする。
⑴ 事業所名     小規模多機能型居宅介護事業所 りんどう
⑵ 開設年月日     平成19年 4月 1日
⑶ 所在地     京都府長岡京市久貝2丁目15番17号
⑷ 電話・FAX番号  075-953-7113 
⑸ 管理者名      佐野 砂生
⑹ 介護保険指定番号  指定小規模多機能型居宅介護(2693000032号)

(従業者の職種、員数)
第5条 当事業所の従事者の職種、員数は、次のとおりであり、必置職については法令の定めるところによる。
⑴ 管理者  1人(兼務)
⑵ 看護職員 2人
⑶ 介護職員 6人(兼務)
⑷ 介護支援専門員  1人(兼務)

(従業者の職務内容)
第6条 前条に定める当事業所従業者の職務内容は、次のとおりとする。
⑴ 管理者は、当事業所に携わる従業者の統括管理、指導を行う。
⑵ 看護職員および介護職員は、小規模多機能型居宅介護計画に基づく看護または介護を行う。
⑶ 介護支援専門員は、利用者の小規模多機能型居宅介護計画の原案を作成するとともに、要介護認定および要介護認定更新の申請手続きを行う。

(営業日および営業時間)
第7条 当事業所の営業日および営業時間は以下のとおりとする。
⑴ 営業日  年中無休とする。
⑵ 営業時間
① 通所サービス(基本時間) 午前10時~午後4時
② 宿泊サービス(基本時間) 午後4時~午前10時
③ 訪問サービス(基本時間) 24時間
※ 緊急時及び必要時においては柔軟に通い、訪問及び宿泊サービスを提供する。

(利用定員)
第8条 当事業所の登録定員は、18人とする。なお、通所サービスは1日あたり9人、宿泊サービスは1日当たり3人を定員とする。

(事業の内容)
第9条 小規模多機能型居宅介護は、介護支援専門員の作成する小規模多機能型居宅介護計画に基づき、利用者の日々の様態、希望等を勘案し、随時適切に通所サービス、訪問サービスおよび宿泊サービスを組み合わせた介護を行う。

(利用者負担の額)
第10条 保険給付の自己負担額その他の費用等利用料を、別に定める利用料一覧表により支払いを受ける。


(通常の事業の実施地域)
第11条 通常の事業の実施地域を以下のとおりとする。
長岡京市

(事業所の利用にあたっての留意事項)
第12条 当事業所利用にあたっての留意事項を以下のとおりとする。
・事業所内の喫煙は、禁止する。
・火気の取扱いは、禁止する。
・電気器具使用時は、あらかじめ申し出る。
・金銭・貴重品の管理は、利用者が行う。
・利用者の「営利行為、宗教の勧誘、特定の政治活動」は、禁止する。
・他利用者への迷惑行為は禁止する。

(非常災害対策)
第13条 当事業所では、管理者のもと、非常災害に関する具体的計画を立て、非常災害時の関係機関への通報および連携体制を整備し、それらを定期的に職員に周知するとともに、定期的に避難、救出その他必要な訓練を行う。

(事故発生時の対応)
第14条 当事業所は、利用者に対するサービスの提供により事故が発生した場合は、市町村、当該利用者の家族等に連絡を行うとともに、必要な措置を講じる。
  なお、当事業所の責により賠償すべき事故が発生した場合は、速やかに損害賠償を行う。

(職員の服務規律)
第15条 当事業所職員は、関係法令および諸規則をまもり遵守し、業務上の指示命令に従い、自己の業務に専念する。服務にあたっては、常に次の事項に留意すること。
⑴ 利用者に対しては、人格を尊重し親切丁寧を旨とし、責任をもって接遇すること。
⑵ 常に健康に留意し、明朗な態度を失ってはならない。
⑶ お互いに協力し合い、能率の向上に努力するよう心掛けること。

(職員の質の確保)
第16条 当事業所職員の資質向上のために、その研修の機会を確保する。

(職員の勤務条件)
第17条 当事業所職員の就業に関する事項は、別に定める特定非営利活動法人竹林精舎の就業規則による。

(職員の健康管理)
第18条 当事業所職員は、この施設が行う年1回の健康診断を受診すること。ただし、夜勤勤務に従事するものは、年2回の健康診断を受診しなければならない。
(衛生管理)
第19条 当事業所は、利用者の使用する施設、食器その他の設備または飲用に供する水について、衛生的な管理に努め、または衛生上必要な措置を講じる。
2 感染症の予防と、発生時においてはまん延しないように必要な措置を講じる。

(守秘義務および個人情報の保護)
第20条 当事業所職員に対して、職員である期間および職員でなくなった後においても、正当な理由がなく、その業務上知り得た利用者またはその家族の秘密および個人情報を漏らすことがないよう指導教育を適時行う。
2 前項の規定に故意または重大な過失により違反した職員は、就業規則に定めるところにより懲戒処分を行う。

(運営推進会議)
第21条 小規模多機能型居宅介護が地域に密着し地域に開かれたものにするために、運営推進会議を開催する。
2 運営推進会議の開催は、おおむね2か月に1回以上とする。
3 運営推進会議のメンバーは、利用者、利用者家族、地域住民の代表者、長岡京市の担当職員もしくは事業所が所在する地域を管轄する地域包括支援センターの職員、及び小規模多機能型居宅介護についての知見を有する者とする。
4 会議の内容は、事業所のサービス内容の報告及び利用者に対して適切なサービスが行われているかの確認、地域との意見交換・交流等とする。
5 運営推進会議の報告、評価、要望、助言についての記録を作成するとともに、当該記録を公表する。

(その他運営に関する重要事項)
第22条 地震等非常災害その他やむを得ない事情のある場合を除き、サービス提供の実施を変更しない。
2 小規模多機能型居宅介護に関連する政省令および通知ならびに本運営規程に定めのない、運営に関する重要事項については、特定非営利活動法人竹林精舎理事会において定めるものとする。


附 則
この運営規程は、平成19年 4月 1日より施行する。
この運営規程は、平成19年11月 1日に第8条を一部改定施行する。
この運営規程は、平成20年 2月 1日に第7条と第21条を一部改定施行する。
この運営基準は、平成21年 4月 1日に第5条と第12条を一部改定施行する。
スポンサーサイト



FC2Ad

+ 管理者ページ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。